【曲紹介】「  」~終わりの始まり~

終わりの始まり

TranS-O-の世界にある【死】(1stアルバムTrack1「 」)について。

ある世界での死

「死」とは

全てに平等に訪れる「死」

しかし、それが訪れる原因、時、心の動き、その意味の捉え方は決して平等ではない。

否認、孤立、なぜという怒り、避けられない現実への抵抗。

現代では様々なものに埋もれているがゆえ

我欲が死への恐怖をさらに大きくする。

死の先に存在するものはあるのか。永遠の無か。

誰も答えを見たことはなく。

未知のものであるがゆえに恐ろしく感じる。

ある世界での「死」の認識は暗く重たい。

多くの人が受け入れがたいものとして本能で感じている。

「死」というものの本質を理解できるのは

それが自分に訪れる、その瞬間でしかないように感じる。

TranS-O-の世界で死とは

TranS-O-の世界では、「死」を「恐怖」ではなく

次のステージへの準備の「最終段階」

「始まり」と捉えた。

遥か昔。この地球上に存在した大いなる文明では

「死」の意味を「発展」と捉え

魂の抜けた器を、再び魂が宿る事を信じ大切に保管した。

終わりからの始まりを信じた民。

終わりに宿る希望の力強さ。

 

毎日過ぎゆく時間、消滅する細胞の数々、失われるもの

「死」

その存在を近くに感じた時

生きることの意味、尊さの理解につながる気がする。

それはより良いものへの発展であってほしい

その想いから

TranS-O-の国では

「始まり」と考える。

アルバムTrack1「  」

タイトルが空白なのは、ここには言葉にならない、あらゆる感情が入る為。

とある世界で死を目前にした人間の心が歌われているこの曲。

生きるために培ってきた歌う為の「声」という機能の喪失。

これは「死」と重なり叫びとなった。

まだTranS-O-の世界が生まれる前の事。

この曲はTranS-O-の世界でいう「死」とは違ったところにあるが

この国を立ち上げる始まりの曲でもある重要なもの

まさに終わりの始まりを意味する曲となる。

そして今現在この声はもうどこにも存在しない。

失われる間際の最後の声

「後悔」「苦しみ」「願い」「希望」

それらは言葉にならない感情、叫びとなった

タイトルとURLをコピーしました