TranS-O-にある7個のテーマ

WORLD

この世界をつくる7個の要素

まず初めに「7つのテーマ」からなるTranS-O-1st Albumは、死(破壊)から王(再生)が誕生する。

そして国が造られ、やがて戦いが起き、勝利、解放へと続く。

その先にある受容。最後は永遠に辿り着く。といったストーリーで作品が収録されている。

1stAlbumはTranS-O-の世界そのもの。

ここでは、その7つのテーマを紹介する。

  1. 解放
  2. 受容
  3. 永遠(循環)

TranS-O-の世界における「死」は

生まれ変わりの準備の「最終段階」として存在する。

1stアルバム Track1「  」

 

TranS-O-の世界における「王」は

TranS-O-の信念、思想、そしてその体現者を意味する。

音楽の鳴る時のみ言葉を放ち、王の発する一音にはすべての感情が込められる。

何に属すことなく、不完全ゆえに完全な存在。

◆1stアルバム  Track2「KING

[KING」の軸となるストーリーはこちら

TranS-O-の世界における「国」

自由に変化し続け、

姿なく、その存在を信じる者の心の中にだけ存在する。

心の解放者が集う事でその姿は形となり現れる。

その形は時に【LIVE HOUSE】と呼ばれることも。

◆1stアルバム  Track3「Kingdom」

「Kingdom」の軸となるストーリーはこちら

TranS-O-の世界における「戦」は

都合よく定められた「既成概念」「固定観念」への疑い。抗い。

そして己の中に生まれる迷い、偽り。

対人、対物ではなく内にて起こる戦いを意味する。

◆1stアルバム  Track4「LION」

解放

TranS-O-の世界における「解放」はとても重要な意味を持つ。

己の中の戦うべきものを見つけることができ、それに勝利した時

また己の全てを認めた時

この「解放」の本当の意味を知る。

この解放へと導くために、その思想を歌い続ける。

そして、この解放に導く儀式は時に【LIVE】と表される。

◆1stアルバム  Track5「Invite Release

 

受容

TranS-O-の世界における「受容」は

全てを乗り越えた先に存在する

自由の相互承認、そして多様性を受け入れることを意味する。

◆1stアルバム  Track6「Echo」

永遠(循環)

TranS-O-の世界における「永遠(循環)」は

限界を持たないという意味を持つ。

思考を飛び越えた先にある無、感覚のみの景色。

形では存在することがないが、感覚で知っている事。

◆1stアルバム  Track7「L∞P

 

この世界を作る要素には、まだ発見されていないものも

今ある7個以外にも

まだ見つかっていないものが存在する。

広がり続ける宇宙の様に

TranS-O-の思想をのせた音楽は生まれ続ける

 

タイトルとURLをコピーしました